私はプラガール?

2007年2月23日 10時47分 | カテゴリー: 活動報告

「こだわって地域・市民力集会」が先週開かれました。そのプログラムの1つとして、2007練馬・生活者ネットワークの8つの提案を寸劇で発表しました。提案の1つ「廃プラスチックは燃やさずに、発生抑制とリサイクルをすすめる。自然エネルギーを活用し、地域から地球温暖化をくいとめる」では、私は頭に、耳にプラスチック製品をぶらさげて、「フラガール」ならぬ「プラガール」に…。(写真)
練馬区は2年後からシャンプー容器や透明トレーなどのプラマークのついたプラスチック製品の資源回収が始まります。しかし、回収されなかったプラスチック製品は不燃ごみとせずに、燃やされることになります。現在、光が丘と谷原の2ヶ所に清掃工場がありますが、ここで燃やされることになるとダイオキシンなどの有害物質の発生の恐れがあります。
まずはなるべくごみになるものを買わない、出てしまったごみは必ず資源回収に出す、このことを一人ひとりが認識しなくてはいけません。

それにしても毎日暖かい日が続き、すっかり春になってしまったようで例年なら春の訪れにうれしくなりますが、今年は地球温暖化を実感し恐ろしくなります。

私は北アルプスが大好きで、夏はキャンプ、冬も数年前まではよく家族でスキーに行きました。(このところ体力も気力もなくなってしまいましたが) 
北アルプスには残雪の形から名前がついた常念、白馬、爺ヶ岳などの山々がありますが、何十年後かには雪がなく、その形が見られなくなる、なんてことになったら悲しくなります。世界各国でも今年は雪不足のため、22ヶ所で冬季のスポーツ大会が中止になっているそうです。

練馬もすでに梅の花が満開で、先日「梅にうぐいす」ではなく「梅にメジロ」を見ました。都議会議員の山口文江さんとしばらく見とれていましたが、うぐいす色というのは昔、メジロの色と間違えてついたのでは、という話しになり、最後にはうぐいす餅の話へと…。やっぱり食い気の劣らぬ私たちでした。