秘密保護法は「なんでもヒミツ法」

2013年12月2日 10時59分 | カテゴリー: 活動報告

12月1日、特定秘密保護法反対のパレードがあり、大泉石庭の森から石神井公園駅近くの8丁目緑地まで約1時間歩きました。

それぞれ提灯や旗やプラカードを持ち、反対の声を上げながら通行中の方にチラシを配り、応援の声をかけて下さる方もいました。

石破幹事長の「絶叫デモはテロ行為」の発言に、こうやって市民活動を自分たちの都合で何でも法律違反に当てはめてしまえるのが秘密保護法で、すでにじわじわと押さえつけが始まっているのだと思うと本当に恐ろしくなります。
しかしこの動きを止められるのは私たち市民しかいません。

右から橋本、栁井、吉川、君垣

あきらめずに訴えて少しでも多くの方に危機感を持ってもらい、一緒に反対の声をあげて欲しいと思います。

アピール行動の情報こちら