原子力から元気力へ!

2011年7月4日 15時05分 | カテゴリー: 活動報告

市民発電所をつくろう

関町リサイクルセンターで実演したソーラークッカー
関町リサイクルセンターで実演したソーラークッカー
練馬区に環境まちづくりNPO「エコメッセ」という団体があるのをご存知でしょうか?
チェルノブイリの事故をきっかけに、太陽光発電などの自然エネルギーの促進を目的とし、「市民発電所をつくろう」と活動している団体です。
練馬区では2001年の1号店「元気力発電所」を皮切りに、現在は石神井店・関町店の3店舗のリユースショップ運営をしています。
その売り上げの一部で太陽光発電装置の設置をすすめ、これまでに区内4ヶ所の学校や地域の施設に取り付けました。1機、また1機と着実に市民発電所は増えています。
また、ソーラークッカーを使った環境学習も展開していて、これで作る蒸かし芋がまた美味しい!!(ちょっと時間がかかるけど)
以前、あるテレビでタイの観光地でたくさんつなげた鏡に太陽光を反射させ、チキンを焼いて売っている男性を見たのを思い出しました。今更ながらあれは素晴らしいアイデアだったんだと感心しています。

先週、「チェルノブイリから学んだことをみんなで話そう」、という集会があり、当時、自分達の生活にどのような影響があったのか、どう考えたかを話し合いました。そしてエコメッセ練馬運営委員長の新藤絹代さんの「日本でこのような事故が起きてしまった今こそ原子力に変わるものとして自然エネルギーの普及を」の思いは会場の皆で共有できたと思います。
早くも連日30度を超える暑さで、今年も「練馬では○○度」とニュースで報道されました。練馬区では「練馬区節電実施計画」が実施され、公共施設での15%以上の節電に取り組んでいます。これが「原発が復旧するまでのガマン」ではなく、「自然エネルギーに切り替えるためのガマン」であることを心に置き、様々な工夫でこの夏をのりきましょう!(でも熱中症には気をつけて)