種子法カフェのお知らせ

2018年6月20日 17時14分

「私たちの食卓は大丈夫?」
~種子法廃止で私たちの暮らしはどうなるの?~

今年の4月、戦後長年にわたって日本の主食の供給を守ってきた「主要農産物種子法」が廃止になりました。
種子の供給不安や種子の支配を指摘する専門家の意見、遺伝子組み換え作物との関連、家庭菜園にも影響するのではという情報も見られます。
まず、「種子法廃止」で私たちの暮らし、食卓がどう変わるのか、どう行動していけばいいのか、いっしょに考えてみませんか。

日時:7月17日(火)10:00~12:00 (受付 9:45)
開場:デポー石神井 集会室ステラ
(最寄駅:西武線大泉学園駅、西武バス「吉祥寺駅」行で「西村」バス停下車。)
定員:30名(なるべく事前予約をお願いします。)
資料代:300円
講師:大江正章さん(出版社コモンズ代表。NPO法人アジア太平洋資料セン
ター共同代表。)

(終了後、講師の大江さんを囲んで会食をしながら意見交換をします。ご希望の方は昼食は各自ご用意ください。デポーでもお弁当を購入できます。)