桜満開!防災ウォッチング

2013年3月29日 13時14分 | カテゴリー: 活動報告

災害発生時の広域避難場所に指定されている石神井公園の防災設備の見学をしました。
題して『お花見と防災のコラボ!「防災ウォッチングin石神井公園」』

区の職員の方に案内してもらい、その後ふるさと文化館の会議室で防災について話を聞く企画です。
その名の通り、天気も良く、満開の桜を見ながら石神井池の南側に点在している防災設備を見学する素晴らしいコラボとなりました。

 

 

①ふくろう広場のマンホールトイレ

 マンホールと流す水の設備はできていますが
 まだ上物が準備できていません。

 

 

 

 

 

 

 

②くつろぎ広場のかまどベンチ
 二つのかまどの上に木板がのせてあります。
 水はちょっと離れていますが防災井戸から運びます。

 

 

 ③草地広場横の防災無線塔
 聞き取りにくいという意見も多く、放送した内容を
 電話で確認できるようになりました。
 フリーダイヤル 0120-707-111 

④ふるさと文化館横の防災資器材格納庫
 町会の防災会が管理していて、工具が格納さ れています。

 

 

 

 

  ⑤池淵史跡公園の防災あずまや
 いざという時に周囲をシャッターで囲むことができるそうです。
 しかし真ん中に大きなテーブルとイスがあり、10人入れるかな?
 というところです。建設にかなり費用がかかるそうですが「何に使うの?」
 と皆さんから疑問の声が。

 

 

 

 

⑥石神井池の西端にある防災井戸
 カエルの口から大量の水がはき出されている
   ところに井戸があります。
 自家発電装置もありますが半日くらいしかもた
   ないそうです。

 

 

 

 練馬区民の広域避難場所ですが都立公園なので管理は東京都。一時的な避難場所とは言え設備の利用にあたりどこまで区に任されるのか、実際に機能できるのかまだまだ不安はたくさんあります。

今日は都政担当のやない克子と一緒に見学しましたので、課題について共有し、都・区それぞれの地域防災計画に生かしていきたいと思います。