大事なことは市民が決める

2011年4月16日 23時44分 | カテゴリー: 活動報告

私はこれまで皆さんからいただいたご意見をもとに政策をつくろうと、聞き取り調査、アンケート調査、学習会への参加などの活動を続けてきました。

介護に関するアンケート調査では、まだまだ介護を担っている家族への負担が減っていないことがわかりました。特に男性が一人でかかえるシングル介護、老老介護は深刻な状況です。

○私は介護保険では支えきれない家族への支援を地域につくります。

私は教師の経験があり、家庭の経済格差が与える子どもへの不安を目の当たりにしたこともあります。十分な学習環境にない子どもたちは大人になるまでさまざまな困難をかかえてしまいます。

○子どもの貧困をなくし、子どもたちが将来に希望をもって育っていかれるよう、子どもの育つ力を応援していくしくみをつくります。

皆様からいただいた「ひとこと提案」では「保育園を増やして欲しい」との声がもっとも多くありました。今、働いて少しでも家計を助けなければならない母親も増えています。
また、ひとり親家庭では親子とも、さらに大きな困難をかかえています。
安心して子どもを預けられる場所の確保は大切なことです。

○認可保育園を増設し、仕事を持つ親はもちろん、仕事を持たない親も一時保育などの必要な保育を利用できるしくみをつくります。

練馬区にはいくつもの道路計画があります。しかし、地域住民への情報が十分でない、住民参画の進め方ではない、などの問題があります。

○まちづくりは住民参画で。まず地域住民の生活環境を第一に考えます。必要のない道路は作らない。そのためにも十分な調査による情報提供と意見交換をおこないます。

私は、これまで原子力発電所の増設に反対し、既存の原発は段階的に廃止に、と訴えてきました。昨年は山口県の上関原発建設計画を止めようという運動にも参加し、署名活動もしました。

○練馬のまちの電力は太陽光などの自然エネルギーを活用します。エネルギーも地産地消!

そして・・・

大事なことは市民が決める

私は市民の一人として、また市民の代表として大事なことの決定の場できちんと発言できる、そのような立場になるために明日からの統一地方選挙に臨みます。

一週間、地域をまわりますので、見かけた方はぜひ声をかけてください!

                              きみがき圭子