9条は平和のメッセージ!

2006年12月12日 16時50分 | カテゴリー: 活動報告

12月9日、毎月9の日に行われている練馬駅で練馬・生活者ネットワーク恒例の「憲法9条改悪反対アピール」を行ないました。冷たい雨の振る中、学校帰りの学生たちがチラシを受け取ってくれました。期末テストが終わりホッとしたのか仲間たちと歩く姿は平和そのものでしたが、その一人ひとりのうしろ姿に「今、私たちが訴えていることは君たちのこれからを左右する大事なことなんだよ。関心をもって一緒に考えよう!」と投げかけるのでした。

練馬区内には自衛隊の駐屯地が2ヶ所あります。自衛隊が自衛軍となり、武力行使が認められるようなことになったら、私たちが求めている「安心して暮らせるまち」とは程遠いものになってしまうでしょう。ある年配の男性が「戦争の反省から生まれた9条は素晴らしいよね。特に永久に放棄するってところが」とおっしゃっていました。私はこのような声を集めてさらに9条改悪反対を訴えていきたいと思います。

毎年この時期にベートーベンの「第九」を聴きに行きますが、今年は『9条がんばれ!「第九」は平和のメッセージ』がテーマの演奏でした。最終楽章の合唱を聴きながら昨年にも増して平和への願いがつのりました。